サイトへ戻る

懐しく美しいビュガラシュ山 ∞

· Daily Notes

フランス、シンガポールと旅をして

今もその旅が続いています。

南フランス

本当に素晴らしい体験でした。

マグダラのマリアと

イェシュアとサラを

いつも感じています。

それは地球的というより

懐かしい宇宙の感覚。

あ、ここでも一緒だったね!

アルクトゥルスの宇宙船は

意識の音の旅で馴染み深く

いつも乗船していますが

ビュガラシュ山は

アルクトゥルスの宇宙船

そのもののヴァイブレーション。

肉体をともなって乗船するのは

今回が初めてでしたので

身体ってこんなに

硬くて

重くて

愛しくて

美しいんだ

というのを

初めてのレベルで体感しました。

いつまでもここにいたくて

もう帰りたくなくて

なんでもない原っぱで

サンダルが壊れました。

次はいつ行こうかと

計画を進めています。

皆さんと一緒に行きたい

ところです。

そんな感じだから

次の目的地の

レンヌルシャトーには

ぐるぐるぐるぐるして

なかなかたどり着けない…

ビュガラシュ山が

美しく見える丘の上の

レンヌルシャトー。

ここにマグダラのマリアの

教会があるのが

納得です。

とっても美味しい夕食をいただいて

滞在先にたどり着いたのは

もう日付が変わってから。

深夜の運転も

アルクトゥルスの宇宙船が

しっかりとガイドしてくれて

快適にあっという間に

無事帰りました。

そして今回

思いがけず再会した

もう一つの母船

サントボーム。

こちらは私よりしょうさんが

とても鮮烈な体験をしています。

とにかくビュガラシュ山へ

帰りたいです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK