Return to site

時を超えて存在する、永遠のいまを生きる豊かさ

· diary

昨日は家族の大切なお祝いの日だったので、太秦にあるヴィーガンレストラン「Little Heaven」の美しくて美味しいヴィーガンコース料理をいただいてお祝いしてきました。生命力溢れる美しい野菜たちがたっぷりの愛情をかけられて光り輝くステージに送り出されてくる、そんな愛と喜びに溢れる一皿一皿でした。私はほんの一口ずついただいただけでしたが、幸福感に満たされました。

愛されることも愛することも、どちらも同じく最高のギフトであり喜びであることを再確認する美しいひとときでした。でも食べたあとはやはりものすごく眠くなって起きていられなくなり、2時間くらい眠ってしまいました。笑

帰り道には近くの広隆寺に立ち寄って、国宝第一号の弥勒菩薩半跏思惟像にお会いしてきました。初めての対面!その美しさにすっかり魅了されました。平安時代からずっとただこうして存在している。まるで意識を持って生きているかのような存在感。見惚れていると美しい音とやわらかい香りに包まれるのを感じました。

他にも平安時代から伝わる素晴らしい仏像の数々。父と一緒に来たかったなあ、と父のことを想い、さらに愛に包まれて満たされる幸せな体験となりました。

広隆寺、すごいところですね。秦氏の創建。秦氏は大陸から渡って来た流浪の民。イスラエルの失われた氏族とも言われています。その秦氏の一族がこの日本にたどり着いて、京都を安住の地とした。千年の時を超えてこのように素晴らしいものを残した人々。人間ってやはり美しくて素晴らしいなーとおもいます。いまの私たちにどんなことを伝えてくれているのでしょうね。

その前日の土曜日は平安神宮にて薪能を愉しみました。衣装も歌も音楽も動きも、何もかもが興味深く、大迫力のステージに魅了されてあっという間のひとときでした。まるで神様が降りてくるかのような佇まい。ごく自然に動き、うたい、演奏されていますが、これは永遠のような時の重なりによって伝えられ、お稽古されて、今私たちの目の前に具現化されているものですね。美しさを極める精神と、その美しさを時を超えて伝えていく意志。そうして続けられたものが存在し続けていく。「時を超えて存在する」をテーマに、いろいろなことを見せてもらい、体験させてもらっています。本当にただただ感謝の気持ちが溢れます。

 

本当に素晴らしいこの世界。わたしもあなたも、この美しい世界をつくるかけがえのないエレメントです。本当にいつもありがとうございます。

 

LOVE & LIGHT

Uniphi

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly